養殖場見学


養殖場
2002年・秋
アマゴ・イワナの養殖場を見学させてもらった。

それぞれ水槽には新鮮な沢水が流されている。
手前の日陰部分のある槽が岩魚。
残りの槽はアマゴ。向こう側奥はアマゴの稚魚で、
近付くとチビアマゴ達がピチピチと寄って来て面白い。
右上奥の建物が孵化場。


アマゴ槽
鮮やかな婚姻色の大型アマゴが回遊する。


イワナ槽
水が抜かれ水位が下がる。


選別
雄か雌か、精子・卵子の成熟を鑑別し分ける。


採精作業
氷入りのスチロール箱内のグラスに雄の腹を
搾り精液を集める。
グラスに張ったガーゼがフィルターとなり
糞などの不純物は除かれる。


採卵作業
魚体にヌメリがあるのでタオルで掴み、
雌の腹を搾り卵を集める。

採精・採卵作業は温度と直射日光に
配慮して同時進行で迅速に行われた。


検卵
先に円い金具が付いた箸で白く
浮いた死卵などを手際よく取除く。


洗卵
糞尿や血液などを洗い流す。


媒精
精子を入れる。


混ぜる
素早く慎重に行われた。


孵化槽へ
受精卵は孵化槽のガーゼの上へ


完了
枠に収められ、ゆるやかな流れの孵化槽で発眼を待つ。

HOME  MENU