ラーメン
<北京の鶏麺> NEW
 静岡県藤枝市の国道一号線の青木五叉路にある中華料理店、北京の鶏麺。
鶏肉好きにはたまらない鶏皮付き、鶏肉嫌いには全くダメであろう鶏っぽいラーメン。
蒸し鶏肉とホウレンソウとネギが乗っかった絶妙な塩加減の塩味スープで、
麺は黄色っぽい卵麺だったかな。 600円
<志んばし> (2005 夏、廃業・・・お疲れ様でした)
 ここも静岡県藤枝市旧道にある老舗ラーメン店。
定数売り切りで営業終了の早い店で、老夫婦がきりもりしている。
ここ志んばしは油気が無い濃い口の中華ソバなので最後まで飽きることなく
美味しく一気に頂ける。 メニューはラーメン、冷しラーメン、カレー中華、
三馬麺(もやしそば)、湯麺(タンメン)、叉焼麺(チャーシューメン)、チャーハン、ライス。
<瀧下> (2005 秋、廃業・・・お疲れ様でした)
 定数売り切りで昼頃までには営業を終えてしまい、さらには不定休もある。
こうした静岡県藤枝市の古くからのラーメン店は常識から考えれば異色の存在と
いえるかも知れない。 ここ瀧下はその代表格でさらに場所も入口も分り難い。
釣友である寸又氏直伝の「チャーシュー麺、スープ濃いめで麺硬め」で注文し、
テーブルにある七味唐辛子をかけて食べる。
油気が全く無い中華ソバなので最後まで飽きることなく美味しく一気に頂ける。
<Sugakiya>
 昔、子供の頃に隣町のジャスコ島田店で食べた“すがきや”のラーメン。
自分の小遣いで食べるラーメンなので、なんとなく大人っぽい気がした。
その頃は豚骨だと思って食べていたような?・・・ 一見して白濁で豚骨スープかと
思うが、食べてみれば鰹ダシの効いた塩ラーメンで麺は中太ストレート。
特徴的なのはフォークとスプーンが合体したような“先割れスプーン”である。
つまり麺とスープを一度にズルズルと食えるのだ。昔も今もこれだけは変わらない、
それがまた懐かしくも嬉しい。 ラーメン¥270、特製ラーメン¥370と安い!
<あさはらの冷やし> 隊員シンヤの推奨品
 冷やし中華のシーズンになると「あさはらの冷やし」とシンヤが口癖のように連呼する一品。
静岡県藤枝市藤枝一丁目にあり、冷やし中華を一年中食べられる店である。
多くの客がコレを注文するようだが、私も同様に近年ここでは冷やし中華しか食べた記憶がない。
具や麺は特別変わっている訳ではないが、ツユは鼻にツンとする寸前のギリギリまでに酢が
加えられていて、サッパリと酸っぱめなのがシンヤはお気に入り。
成人男子には少なめの量なので大盛りにしたり、小チャーハンと組み合わせて頂く。
500円 大盛+100円
<天下一品>
 関西を中心としたラーメンチェーン店だが、私は千葉県船橋市にいた頃に
よく食べに行っていた。写真はその頃からよく食べていたスタミナラーメン(600円)で
静岡県浜松市船越店のものである。このスープは泥のように麺にたっぷりとよく絡むので、
麺だけ食べていても、どんどんスープが減っていく。 味はなんとも摩訶不思議で言葉には
表現し難いが、こってりしていて若者向けかも知れない。実際、大学の近くなどに多く
出店しているような気がする。 テーブル端にある“ニンニク辛し味噌”を入れて食べている。
他に“ラーメンたれスタミナ用”なる物も置いてあるが、私は未だこれを使った事はない。
このスタミナラーメンのスープについて御存知の方は教えて下さい。
<千石自慢ラーメン>
  本店は山手線JR巣鴨駅南口から徒歩約5分。
 げんこつ豚骨を20時間煮込んだ、見た目程クドくない
 豚骨味スープ、直太麺にトロトロチャーシューのラーメン520円。
 全て立ち食いカウンターで食券方式の為、回転が良い。
 私は土曜の夜に行く事が多いが、客層は若者が多い。
 カウンターには、ニンニク、豆板醤、酢、ブラックペッパー系の胡椒。
 日曜定休で昼11:30〜翌朝5:00の営業。
 近くの革靴店GOROに来た時に、よく寄ったラーメン店。
<肉の万世(まんせい) ラーメン店>
 
私は山手線JR神田駅近くの店に行くが、他に万世本店・新宿西口店。
 
店ならではの排骨(パーコー)・肉味噌・手羽などを使った
 メニューがあるが、私は排骨ラーメン(750円)が好きだ。
 
排骨はパーコーとかパイコーと読むらしいが、この店ではパーコー。
 排骨ラーメンは、ほうれん草・キクラゲ等がトッピングされていて、
 旨コク醤油味のスープに直太麺の上に、パリッと揚がった排骨を
 ザクザクッと切りジュバッ、とのっけてくれるのが嬉しい。

 
持ち帰り用のレトルト排骨ラーメンもあり、脂身の少ない特選排骨もある。
<ラーメンショップ 吉田町川尻店> 隊員シンヤの推薦店
 
隊員シンヤのタレ込み情報によると、「旨い店で、店内はメニューの紙がベタベタと
 貼ってあり、ペコちゃん似の御主人はまばたきをせず、玉のような汗で仕事をしている。」
 とのこと、しかし各店で味が違う事で有名なラーメンショップだ、早速現場に急行した。
  まず、メニューが多細で混乱! チャーシューが旨いと聞いたので、チャーシューメンを頼んだ。
 スープは豚骨ダシの醤油味で背油入りでもクセは無く、油抜きも注文できる。 麺は直麺だ。
 トッピングはネギと背チャーシューが売りで、ラーメン450円、チャーシューメン700円(写真)、
 ネギラーメン600円、ネギ丼300円。
 国道150号から海方面へ曲がって右側、オカモト近く。  7:00〜14:00月曜定休                                  

 

     HOME  MENU