2008.7.6
黒いヤマトイワナ みっちゃん
 
 
 このまえ浅川が言った『黒いヤマトイワナ』 という言葉が心のどこかに引っ掛かっていた。
そういえば最近会ってないな。
 
 釣れないコンビがもはや着けないコンビとなったか、シンヤと浅川が釣場まで到達すらできずに涙を飲んだ二連敗目の翌日、彼らと入れ替わるようにして単身南アルプスへと向かった。
 

背中に白斑がある混血イワナ
ここも純粋ヤマトの聖地ではない


黒い頭が大きく、ドジョウの親分のような
風貌はまさしく源流ヤマトイワナ
 不思議なもので、イワナは沢によってその魚体が違っている。私見であるが、体色が黒っぽいヤマトイワナは沢にラジオラリアという赤い石が混じる山域にいるような気がする。 こいつは背中から体側が黒く、腹や鰭(ヒレ)のオレンジ色や黄色が際立って鮮やかです。
 
 半日釣行と決めて、やってきたのは支流の枝沢、赤石山脈特有のラジオラリアという赤い石はわずかに混じる程度。 傾斜が強く水量は決して多くはありません。 だから流れが割れてしまい水がつながって流れる場所はわずかで、まさにそこがポイント。 持ってきた4.5mの竿でも薮を掻き分けながら振るとなると持て余してしまいます。 そんな急傾斜の薮沢でも居るもんです。 どうせ小物ばかりかと思いきや、塩焼きサイズ以上で尺未満(25〜29cm)の岩魚が釣れてくる。
ホント不思議なもんです。
   

 
 HOME    MENU