2004 釣行記 

日曜の朝、お前が喝だ!

 2004.9.12  曇り  みっちゃん  

 
 久しぶりにアマゴを釣りたくなったので、眠い目を擦りながらも日曜早朝のチョイ釣りに出掛けた。
 まずは1匹でもアマゴを見たいことから最初は慣れた餌釣りで歩いていく。 以前によく釣ったいくつかのポイントを確信に満ちた気持ちで投餌していくが、次々と肩透かしを喰らう。
 笹濁りで水量は申し分なく、足跡だって見当たらないのに魚信がない。このままボーズで終わってしまうのか。 丁寧に餌を付けなおし、アプローチに細心の注意を払い竿を振る。アマゴが好きそうな流れの底をとって餌を流す。
 ピクンッ、シャーーッ! アマゴ特有の鮮烈なアタリとスピード感溢れる走り。 これだ、これを待っていたんだ。嬉しい本日初釣果。 さっきまで悲壮感アリアリだったのに、ボーズ逃れの1匹を釣った今はもうお山の大将気分である。
 

 いつものように釣れたアマゴを手に水辺で写真を撮っていると一瞬にして手からスルリと魚体が抜け浅瀬に跳ねるが、慌てて捕らえるでもなく、なんとなくそのままに逃げ泳いでいくのを見ていた。 毎年、漁期最終月の9月の釣りはなんとなく自然とそういう気持ちになるのである。
 餌釣りでボーズ回避を決めたあとにはテンカラ竿を振り歩く。 久しぶりに来たこの釣場、昔ここで釣れたとかその流れや渓相を自分でも驚くほどに細かく憶えていて、変化を感じとり過去を懐かしんで歩くのもまた楽しい。 が、しかし釣れない。下手なテンカラでは尚更である。
 ほんの数年前まではよく釣れていたのに、どうして釣れなくなったのか。ただ今日という日が悪かっただけなのか...と、この沢で乱獲経験のある前科者は考えた。 とかく釣人は“自分は善人で他人は悪人”と決め付ける傾向にあるのかも知れない。
 釣場から車まで戻る途中、せめて...という懺悔の気持ちからかゴミを拾っていく。あと少し登れば車停めという所まで来て賞味期限が明後日という真新しいパン袋を拾う。そして私の車の隣には早朝には無かった車両が停まっていた。たぶん車のすぐ近くでパンを食べて、その袋をポイ捨てしたのだろう・・・
コイツら本当に悪党だ! そう思い、ハッとした。

 
 

 
HOME  MENU