2004 釣行記 

 2004.5.4-5  雨   オオシオさん 川虫くん 寸又渓輔さん シンヤ 浅川 みっちゃん  

 
 

 自営業であるオオシオさんと私は普段は休日が異なり有給休暇もあまり無く、なかなか一緒に釣りにいけないのだが、今回はゴールデンウイーク後半にタイミングを合わせて一緒に釣行ができた。 思えば一年前、あの岩魚寿司釣行の直後から「来年も頼むよ」と、しつこく厚かましくオオシオさんを予約し、構想一年の壮大なる釣行計画が実現するのだ。
 読者を焦らす意図なく前置きが長くなってしまったが、今釣行のテーマは『自分が釣った魚をその場でプロに料理してもらい喰う』である。 徹底リリース派釣師は激怒し、動物愛護団体には訴えられ、菜食主義者には野蛮人扱いされるかも知れない。それでも今回、私は“釣って喰う”のである。
喰うぞー!喰うぞー!喰うぞー!うおー!

 
 
 期待&気合とは裏腹に天気予報は今年も雨。
 前夜、車停めに集合してワイワイと飲み食いしているうちに私は何時の間にやら眠り込んでしまい、翌日未明にオオシオさんと川虫くんが到着してまた飲み直す頃にはすでに雨が降り始めていた。
 再度、床に就き幾らも眠らないうちに辺りはもう明るく白み始めたので、仕方なく起きる。 こんな天気だから後から来る釣人もなく、雨のなか慌てる訳でもなくタラの芽を採って身支度をして出発する。
 南アルプス周辺には所々に無人の小屋があり、これは風雨の際には何かと便利なので、今夜はこの小屋泊りを決めテントやタープは車に置いていく。 そしてこれからの激流突破の為に私達バカなが隊も皆、足元を固めた渓流シューズ姿。 水勢が強い今回、さすがにバカなが(胴長靴)のボンタン姿では渡渉においてあまりに不利と考えたのである。
 
 
 スクラム渡渉

 寸又さんと川虫くんは絶妙のチームワークで急流を突破していくが、バカなが隊員同士のシンヤと私が互いのザックベルトの付け根を持ってスクラム渡渉していくがどうも相性が悪い。お互いに相手を深みにハメようとするので、終いには相撲の土俵際での下手と上手で出し投げの打ち合うような格好になってしまう。
 「バカヤロー、おい!」 「押すな、コラ!」 猛烈な沢音をもかき消す怒号が飛び交うなか、押し合い圧し合いドタバタ渡渉してチームワークの無さを露呈した。


VIDEO意外に浅かった渡渉(シンヤ&川虫くん)




 まだ増水し始めのようで水は濁っているものの、さほど問題となる徒渉もなく無事に山小屋へと到着。 背中の重いザックを降ろすが、ここで一服してしまってはもう動くのが嫌になりそうなので、身軽になってすぐに今晩の鮨ネタを調達しにいく。そう6人全員総力を挙げての岩魚釣りへと繰り出したのだ。  普段、そして入渓者の多いゴールデンウイークともなれば決して釣れる区間とは言えないが、「降雨で魚が動いているだろう」と、いう甘い考えでさほど沢を詰めることなく早々に竿を振り始めた。
VIDEO杣道を行く

click !click !



キュウリを刻んで..
 程なくしてシンヤが餌釣りで今期初釣果となる美しいアマゴを上げた。さほどの型ではないが半年余りぶりとなる釣果は格別のようである。 続いてテンカラでオオシオさんがビシッと合わせてアマゴを宙に舞わせた。濁流から毛鉤で魚が飛び出るその光景はテンカラ初心者の私にとっては新鮮な驚きであった。が、しかし同時にパキーンという乾いた音とともに竿が“へ”の字に折れ曲がり、さらには着水した魚影は勢い良く深みへと消えていった。 あ!・・・一瞬の間があって笑いが起きた。あとで寸又さんに聞くと、一般にテンカラ竿では釣糸が太いので毛鉤が枝などに掛かかっていると餌竿より早く消耗し易いとのこと。なるほど。
 この後、ピタリと誰の竿にもアタリが無くなり、皆一様に今晩の鮨ネタに陰りを感じ始めた、その時。オオシオさんの毛鉤を借り付けた寸又さんのNEW竿から塩焼きサイズの良型アマゴが釣れた。続いて寸又さんの根掛かりを思わせるような竿のしなり! 最初は笑って見ていたが、しかし寸又さんが流れを指刺しつつも下流へと移動するその仕草は大物を予想させるに充分であった。上げてみれば尺岩魚で、この鮨ネタ獲得にまずはホッと胸を撫で下ろした。 その後、再度アタリは渋るが最後の最後に私が幸運にも尺岩魚に恵まれて小屋へと戻った。
 昼下がりの小屋では寸又さん、シンヤ、浅川が早くも酒盛り。オオシオさんと川虫くんは引き続き下流側の釣場へと向った。私はというと、川虫くんの「オレが釣るとこを撮影に来ないの」という不敵な挑発に乗り、カメラを持って釣場へと同行した。 のんびりと後から釣場へと行くと、カメラを準備する間もなく川虫くんが予告通りに同一ポイントから岩魚・アマゴと立て続けに餌で釣り上げた。これがまた揃って塩焼きサイズで、まるで職漁師のようである。 オオシオさんはルアーで攻めるが、この激濁流ではなかなか厳しい状況のようであった。 そうこうしている間に私も竿を出したくなり、小屋まで道具をとりに戻り、余ったミミズを急流脇の弛みにピンポイントで投餌していくと綺麗なアマゴ達が顔を見せてくれた。
 獲物の幾らかをリリースとキープの後、小屋へと戻りゆったりと宴会へと突入。時間もスペースも酒・食料もタップリとあるのがこの上なく嬉しいではないか。
 川虫くんが「そこで採れたよ」と、笑顔で言うその妙に小奇麗なキノコの傍には“HOKTO”と印刷された包みがあって、、、これを美味しく炒めてくれた。 寸又さんの蓮根料理や天ぷら、私のタコ焼、浅川の豚トロ焼き、シンヤの渓語り・・・どれも美味い!?

 そして待っていました!今夜のメイン“岩魚ちらし鮨”
とびきり新鮮なネタでプロが作るちらし鮨である。美味くない筈がないのだが、やっぱり美味かった。それを詳細に表現したいのだが、所詮は私のデタラメな文章でページを汚すだけなのでこれまでとしたい。  焚火を囲んで車座に座った皆の口から口へ、鮨桶をまさにタライ回しにして食い漁ると、「ウマイ、ウマイ、」と、皆の声が共鳴して回る。 作ったオオシオさんは「もう少しシャリを冷ましてから散らした方が良かったかな」と言うが、なんのなんの私はシットリ生暖かいシャリ好みなのでドンピシャなのである。

 
 

出来上がり! 肝心の岩魚は埋もれて見えないのだ


 
うへ〜っ♪ たまらん、美味過ぎるぅ〜!
 
 
 小屋はこの地域特有の造りで真中を通る土間で焚火ができるのが嬉しく、火を囲み笑って飲めば時間感覚がなくなる。何かを強いられることは無く、ある者は酔ってバカ話をし、ある者は眠り、ある者は寝袋のなかで飲み食いをしていて皆が思い思いだ。  普段、時間に追われる生活をしていると、このような金も名誉も役に立たない空間で何をしても良い自由な時間がたっぷりあると贅沢な気持ちになる反面、どこか拠り所がないような不安な感じもする。
 朝はゆっくりと飯を食い、各々が交代で野糞をする。釣欲は湧かず、ダラダラと楽しく話しながらの身支度をして、たいして釣りをしていないのに満たされた気分で小屋を後にした。 夜半から降雨が断続的になっていたせいか予想ほど増水は酷くなく、渡渉に苦労することなく車に到着できた。
 しなければならない事がイッパイある日常へと戻る前に楽しかった今釣行を思い返し、また言うのである。 『オオシオさん、また頼みますよ♪』
 
 
Hot Link ! オオシオさん
Hot Link ! 川虫くん
Hot Link ! 寸又渓輔さん
 
 

 
HOME  MENU